ジョホールバルからシンガポールへバスでの行き方

 

昨日、バスで行くことを

ブログに書いたら読者の方から

 

シティスクウェアから

イミグレーションに入って

バスに乗って行った方が安いし早い。

 

という事を教えて頂きました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

今日紹介する方法は

その方法とは違うのですが

 

 

手順としては

だいたい同じになると思います。

 

 

写真も

撮れそうな所は撮ったのですが

 

 

イミグレーション内は撮影禁止の為

 

肝心な所の写真がなかったり

ハラハラしながら撮ったからブレ気味

 

だったりしますが、大目に見てください(笑)

 

 

 

▼ラーキン・バスターミナルに行く

 

 

シンガポール行きのバスは

 

コタラヤ・バスターミナル

ラーキン・バスターミナル

 

から出ています。

 

ラーキン・バスターミナル → コタラヤバスターミナル → シンガポール

ラーキン・バスターミナル → シンガポール

コタラヤ・バスターミナル → シンガポール

 

と色々なルートがありますが

 

 

ラーキン・バスターミナルから出るバスは

 

シンガポールの

クイーンストリート・バスターミナル行きが多い(全部?)

 

の様で

 

 

お気に入りのショッピングスポット

 

ブギス(Bugis)に行きたかったので

 

ラーキン・バスターミナルから乗ることにしました。

 

 

ブギスは

 

IT機器の宝庫「シムリムスクウェア」や

つけ麺が食べられる「らーめんチャンピオン」

 

があるので勝手に「楽園」と呼んでます。

 

 

話がだいぶ反れましたが

 

シンガポールにバスで行く場合

 

ラーキン・バスターミナルが

分かりやすくて良いと思います。

 

 

タクシーで「ラーキン・バスターミナル」と言えば

連れて行ってくれます。

 

 

 

▼入り口から入ってまっすぐ行って降りて右

 

 

タクシーで行くと

入り口らしき場所で降ろされます。

 

ここからキャッチする人がいるのですが

 

多くはクアラルンプール行きです。

 

 

「KL!◯◯(←時間)」

 

 

と近づいてきますが、

 

 

みんなとてもいい人で

 

「シンガポール」

 

と言うと

 

「Go straight, and down.」

「Turn Right」

 

と場所を教えてくれます。

 

 

チケットを売りたいだろうに

さすがはマレー人と思いました。

 

 

道が分からなかったら

 

「シンガポール」

 

とチケット売ってる人に聞いていけば

 

たどり着けます。

 

 

道順的にはタイトル通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼バスが並んでいる乗り場の近くでチケット購入

 

 

 

 

 

チケット売場とバス乗り場は

ほぼ向かいにあります。

 

 

向かいと言うより横ですかね。

 

 

ここでも

キャッチの人がいるので

 

「シンガポール」

 

と言えば、売場を教えてくれます。

 

 

着いた時には

 

既に「シンガポール」を

5回くらい言ってました。

 

 

大人、子どもの人数を言えば

チケットが買えます。

 

今回乗ったのは

 

Singapore-Johor Express(SJE 星来快車)

 

というバスです。

 

乗り場は14~15(無理やり修正してますがw)

 

値段は1人RM3.3でした。(最新はRM2.2だそうです)

 

 

これがチケットです。(2人分)

 

このチケットは

シンガポールに到着するまでは持っていてください。

 

 

購入したらバスに乗ります。

 

14か15にバスが停車しているので

 

それに乗れば大丈夫です。

 

10分に

1本ペースで運行されているらしく

このバスに乗って10分くらいで発車しました。

 

 

 

▼途中ガソリンスタンドに寄ることも?

 

 

出発して5分もしないうちに

ガソリンスタンドに入りました。

 

 

運行前にガソリンを入れておく

という概念は無いようです(笑)

 

 

これはマイペースなマレー人らしい

という事で。

 

 

 

▼バスが出発して20分もしないうちにマレーシアの出国ゲート

 

 

ラーキン・バスターミナルを出てから

20分もしないうちに出国ゲートです。

 

バスを降りて道なりに歩いて行くと

上りのエスカレーターがありますので

 

 

エスカレーターに乗って

右手にある入口から入ります。

 

 

入り口に入ったらすぐに出国ゲートです。

 

「ALL PASSPORT」

 

と書かれている所に並んでください。

 

 

平日の昼12:00に行きましたが

 

ガラガラで

入って2分で出国が終わりました。

 

 

 

▼出国が終わったら歩いてバスのりばへ

 

 

出国が終わったら左の方に道があるので

 

そっちを歩いていきます。

 

5~10分くらい歩けば

 

バスのりばに着けます。

 

ターミナルAとターミナルBがありますが

 

SJE 星来快車の場合はターミナルBの方です。

 

 

間違えても下に横断歩道があるので

修正はききます。

 

イミグレーションでは

乗ってきたバス会社のバスに乗る

 

 

というルールがあるそうです。

 

イミグレーションは混む事もありますから

同じバス会社であれば、

どのバスでも良いみたいです。

 

 

違うバスにもチケットを

買えば乗り換えが出来るとの事。

 

 

今回は無事に行きたかったので

乗ってきたバスに乗りました。

 

乗り場の番号がラーキンと

同じだったのは気のせいでしょうか?(15番)

 

 

 

▼シンガポールの入国審査へ

 

 

バスに乗ったらコーズウェイを走って

入国審査場へ

 

この日はとても空いていたので10分程で

入国審査の場所に到着。

 

また道なりに歩いて行きます。

 

エスカレーターに乗ってすぐに入国審査場があります。

 

入国の際には

入国カードを書かないといけないので

 

入り口に入ってすぐ

右の方にある出国カードを書きます。

 

 

Flight Noのところは

Busと書けば良かったです。

 

 

空いていたのでここもすぐでした。

 

 

今回は日帰りだったので

ステイ先を書いていなかったのですが

(いつもはこれでOKだったので)

 

この日は

 

「Where you go?」

 

と聞かれ、簡単な質問を受ける事に。

 

 

「Where you go?」 → 「ブギス」

「What do yo do?」 → 「トゥーショッピング」

「Do you work in JB?」→「ヤー」

 

 

完璧に聞き取れてませんし

文法も自信がありませんでしたが

こんな感じでOKでした。

 

 

 

▼荷物検査ではタバコに注意

 

 

入国審査を通ったら次は

荷物検査です。

 

 

「携帯を出して~とか書いてありますが」

 

 

メインでチェックされるのは

 

「お酒とタバコ」

 

です。タバコ1箱(20本)でも

課税対象なので気をつけてください。

ここでは厳しくチェックされます。

 

 

何もなければカバンを

ベルトコンベアに載せて

金属探知機を通れば大丈夫です。

 

 

 

▼シンガポールに入国

 

 

これを抜ければまた少し歩いて

バスのりばがあります。

 

 

ここはバスの名前を頼りに乗り場を探しました。

 

 

10分くらい待っていたら

バスが来ましたね。

 

 

ここまでは

チケットのチェックが

ありませんでしたが

 

 

シンガポールの出国後は

バスによって行き先が変わるので

チェックがあるようです。

 

 

チェックが終わったらバスに乗り込んで

クイーンストリート・バスターミナルまで

直通です。

 

 

 

▼クイーンストリート・バスターミナルに到着

 

 

降りたらまっすぐ進んで

すぐにある道を右に進めば

ブギス駅がある方に行けます。

 

 

 

ラーキン・バスターミナルから

クイーンストリート・バスターミナルまで

 

ちょうど1時間30分でした。

 

おそらく、このバスが

バスの中では一番高そうです。(乗る人が少なかったので)

 

その為か

毎回バスの中では座れましたし

快適でした。

 

それでもRM3.3(112円)なので

気軽に行けますね。

 

 

シティスクウェアから乗れる

バスであればRM1位のものもあるそうで

 

それなら

 

「50円でシンガポールに行ける」

 

という事になります。

 

 

缶ジュースよりも安く

シンガポールに行ける。

 

 

ジョホールバルって凄いですね(笑)