ジェッセルトンポイントからトゥンクアブドゥルラーマン海洋公園への行き方

 

こんにちは。コタキナバル滞在中の青峰です。

 

船に乗って

トゥンク アブドゥル ラーマン海洋公園に向かうため

そこへ向かうジェッセルトンポイントへ。

 

コタキナバルの中心からタクシーで5分程。

RM12でした。

 

DSC03872

 

海洋公園への玄関口ジェッセルトンポイント(Jesselton Point)

 

タクシーで向かう場合は

 

ジェッセルトンポイント

フェリー

 

の2つを伝えれば発音が悪くても伝わります。

 

タクシーから降りたら写真の様な門の場所で降ろされるので

ゲートをくぐって中へ。

 

DSC03871

 

入ってすぐ右手に船のチケット売り場があります。

 

チケット売り場は沢山あって悩みました^^;

 

DSC03873

 

入ってすぐに凄い呼び込みをかけられますが

どのチケットカウンターに並んでも

良さそうな感じでした。

 

会社が違うのですが

値段はそこまで変わりませんでした。

あとは、帰る時間が微妙に違うようです。

 

行きたい島と帰りたい時間を

伝えればチケットを購入できます。

 

今回、僕が利用したのは

 

DSC03877

 

7番のTARIEという所。

遠目で見ていて、現地の人が多く来ていたのと

カウンターの人がとてもよい感じだったので

ここにしました。

 

行き先はサピ島

 

複数の島をわたるより一つの島を

じっくり行った方が楽しめるという事で

海が綺麗で施設も整っているという

サピ島だけにしました。

 

大人一人往復でRM30.2(約950円)

安いので気軽に行けますね^^

往復の料金に公園の利用料も含んだ値段の様です。

 

一つの島を追加しても数百円程度ですので

同じ場所だとすぐに飽きてしまう人は2つくらい

行ったほうが良いように思います。

 

DSC03878

 

これがチケットです。

ジェッセルトンに帰ってくるまで無くさないようにしてくださいね。

 

チケットを購入したら出て右側へまっすぐ歩いていきます。

 

DSC03879

 

 

途中、ここで呼び止められますが

ここはシュノーケリング用品を貸してくれる所です。

 

今回、僕はサピ島でノマドする予定でしたので「No Need」と言ったら

皆、借りて行くのに、泳がないの?

と驚かれました。

 

貸してくれるのは

ゴーグルとシュノーケルにライフジャケット。

 

サピ島でも借りる事は出来ますが

同じ場所に戻ってきますし

 

船に乗るときにライフジャケット着用なので

船でライフジャケットを脱ぎ着しなくて済むので

 

シュノーケリングするなら

ここで借りて行くと便利かと思います。

 

DSC03882

 

この少し先に人がたっているのでチケットを見せて

奥へ進むと待合室が。

 

DSC03883

 

とりあえず良く分からないので

係員っぽい人にチケットを見せたら

椅子に座っててと言われました。

 

椅子に座って待つこと2分。

「サピー!」

と叫ぶ声が聞こえたので

 

チケットを見せると

あっちに行って待っててというジェスチャーをしたので

導かれるままに進みました。

行きたい島の名前は覚えておくほうが良いかもしれません。

 

DSC03885

 

 

ものすごい数の船があるので

先導者を見失わないようにしてくださいね。

1本道なのでそこまで気にする必要はないかもしれませんが。

 

DSC03886

 

 

船はこんな感じ。

できるだけ後ろに座った方が良いです。(理由は帰りの記事で。。。)

 

DSC03888

 

 

トゥンクアブドゥルラーマン海洋公園へ向かって出発

 

DSC03893

 

進行方向右手には島がずっと見えています。

大体15分と聞いていたのですが

さすがマレーシア。

 

乗っていた人にパラセイリングをする人が

いたこともあり

 

DSC03899

 

30分かかりました(笑)

 

他のボートにガンガン抜かされます

 

DSC03905

 

青空が広がっていたので飽きなかったですけどね^^

 

船はそこまで揺れませんでした。

普通は15分程度なので船酔いは気にしなくても良いかなと。

 

 

DSC03927

 

そして、いよいよサピ島が近づいて来ました(写真左側)

ちょっと遠目にエメラルドグリーンが見えますね。

 

無事に到着。

そしていきなり感動することになります。

未分類

華僑メールマガジンバナー

※期間限定募集



ジャパンストリートを創っていく中で華僑と関わり

なぜ華僑が海外でのビジネスを成功させられるのか
というポイントを学んできました。


なぜチャイナタウンがあってジャパンタウンが無いのか?
これから日本人はどう海外で展開していくべきなのか?
求められる海外で働く人材とは?


という事に加えて

海外で僕がリアルタイムに受けているビジネスの情報なども
配信していきます。

目的は海外で一緒に仕事をする仲間を集める事の為

合わなければすぐに解除してください。

すべてのメールに解除リンクをつけて
いつでも解除が出来るようにしてあります。

素敵なご縁があることを楽しみにしております。

Ryu Aomine
友人申請もお待ちしております。
(メッセージを添えていただければ承認します。)

コメントを残す