全ての原因は内臓から4000年の歴史を持つ中医学(東洋医学)

 

自分の中の考えが大きく入れ替わった

先生との出会い。

 

それまで抱いていた原因も

面白いように解決していきました。

 

聞けば聞くほど理にかなっているのです。

そして、中医学とは何かという事にとても興味を持ちました。

DSC07897

 

中医学(東洋医学)は4000年分の経験則からくる医学

 

中医学というのは西洋医学に比べると

一般的では無く、初めて聞いた時は信ぴょう性があるのか疑いました。

ところが調べているとその知識は

4000年間積み重ねられたモノで

西洋医学に比べると非常に長い歴史がありました。

 

 

体に負担の少ない治療法

 

西洋医学は悪い部分の除去(手術等)に務めますが

東洋医学は体のバランス調整

自己治癒力の向上を持って治療に望みます。

 

体を切ったりせずに治療するので

体に対する負荷は非常に少なくなります。

 

体の根本から改善を図るので

切っても治らないような症状(アトピー)も

改善する可能性があります(重度のアトピーが治った人が何人もいらっしゃいました)

 

 

全ては臓器に繋がる

 

血、栄養等人が生きていく上で大変重要なのが

臓器です。

 

息を吸う

ご飯を食べて栄養を取る

 

生活に密接な関係があるのが

臓器にあります。

 

例えば、怪我をして治すとなった時

血が必要ですがその血を作っているのが臓器ですし

 

体に不要な物を処理するのも臓器です。

 

この臓器の弱が体の不調に繋がっている事が多い

という事が中医学を知れば知るほど分かってきます。

 

体の不調とは肥満や肩こり

口内炎等も含みます。

虫さされも体が弱っていると直りが悪いです。

 

自己治癒能力は強化できる

 

全ての原因は内蔵にあるという様に

内蔵が強くなれば自己治癒能力が強化されます。

 

色々と話を聞いているうちに

自力では治らないモノが大きな病気と思っていましたが

大きな病気が治らないのは「自己治癒能力がその病気より弱い」

という事が原因だとわかったのです。

 

 

かなり簡単に考えていましたが

東洋医学はとても奥が深いものでした。

 

 

 

未分類

華僑メールマガジンバナー

※期間限定募集



ジャパンストリートを創っていく中で華僑と関わり

なぜ華僑が海外でのビジネスを成功させられるのか
というポイントを学んできました。


なぜチャイナタウンがあってジャパンタウンが無いのか?
これから日本人はどう海外で展開していくべきなのか?
求められる海外で働く人材とは?


という事に加えて

海外で僕がリアルタイムに受けているビジネスの情報なども
配信していきます。

目的は海外で一緒に仕事をする仲間を集める事の為

合わなければすぐに解除してください。

すべてのメールに解除リンクをつけて
いつでも解除が出来るようにしてあります。

素敵なご縁があることを楽しみにしております。

Ryu Aomine
友人申請もお待ちしております。
(メッセージを添えていただければ承認します。)

コメントを残す