重要な働きをしている内臓たち

 

普段は意識をすることの無い臓器ですが

健康を維持できているのは臓器がちゃんと働いているからで

どれか1つでも不調になれば体に不調として出てきます。

 

 

DSC05941

 

内臓を上げてみる

 

肝臓

胆のう

小腸

心臓

脾臓

大腸

腎臓

すい臓

 

まだあると思いますが

よく聞くのはこれらの臓器です。

 

軽く上げただけでも結構な数で

これらのどれが上手く動かなくても

体に影響が出てきます。

 

例えば、胃が動かないと

上手く分解できないので消化不良が起きて

消化不良になったものが不純物として体に蓄積したり

 

肝臓が上手く動かず、体に毒素が蓄積したりと

 

大きな問題が無くても

少し体調に違和感があるのは

どこかの臓器が弱っているからという事が言えます。

 

 

やる気がでないのも臓器の不調

 

熱が出ていると何も出来ないというのと同じで

 

臓器が不調だと、

なんとなくだるかったりやる気が出なかったりと

熱ほどはしんどくないにしても動きにくいのも

臓器の不調が関係しているとの事。

 

忍耐力があるない、やる気があるないという

おおよそ人の性格に関わってくる部分も臓器の強弱である程度

見えてくるという事です。

 

 

臓器を鍛えて機能回復

 

臓器が不調だったりして体に異変が起こっている場合

体のツボを押さえる事で臓器の活性化をはかったり

 

呼吸法やトレーニングによって

内臓を鍛える様な事も出来るので

 

内臓を強化して体の不調を改善する。

という事もできるそうです。

 

この考え方で行くと色々と間違っている常識があるので

その一つ一つを例に上げながら

体の不思議を振り返っていきますね。

未分類

華僑メールマガジンバナー

※期間限定募集



ジャパンストリートを創っていく中で華僑と関わり

なぜ華僑が海外でのビジネスを成功させられるのか
というポイントを学んできました。


なぜチャイナタウンがあってジャパンタウンが無いのか?
これから日本人はどう海外で展開していくべきなのか?
求められる海外で働く人材とは?


という事に加えて

海外で僕がリアルタイムに受けているビジネスの情報なども
配信していきます。

目的は海外で一緒に仕事をする仲間を集める事の為

合わなければすぐに解除してください。

すべてのメールに解除リンクをつけて
いつでも解除が出来るようにしてあります。

素敵なご縁があることを楽しみにしております。

Ryu Aomine
友人申請もお待ちしております。
(メッセージを添えていただければ承認します。)

コメントを残す