CTOとは

CTO(Chief Technorogy Officer)とは

日本ではあまり馴染みがない名前かもしれないが

海外やエンジニアの中ではその言葉が浸透してきた。

最高技術責任者。

その作業は多岐に渡るので上げていけばきりがないが

今後はこのポジションはどんどん重要になっていくと思う。

まずはITの活用をどうのようにやっていくか。

これだけWebが一般的になってくると

事業をやる上でITを使わないというのはかなり限られてくる。

活用すればするほどコストパフォーマンスが良くなるので

必然的にITの需要は増える。

その企業のIT戦略に必要不可欠な役職、それがCTO。

何をすればCTOということは無い。

それこそITに関わること全てにおいて決定権を持つので

何でもやらなければいけない。

現場によってはシステムを創る現場のマネジメントもやれば

IT機器の導入や使う機材の選定まで。

ITに関して他にやれる人がいない限り、全てはCTOの仕事になる。

それをやるのに必要な人材がいるならば選ばなければならない。

僕は企業が大きくなるかはCEOが鍵を握るが

企業の利益を生み出すのはCTOが鍵を握ると思っている。

いかに効率を上げ、コストを下げるのか。

投資に対するリターンが大きいのはやはりITになるからだ。

ITにできることはすべてITにさせる事が出来れば徹底的に効率が上がる。

なので、とことん突き詰める為に

CTOというポジションは常に考え続けて行かなければならない。

未分類

華僑メールマガジンバナー

※期間限定募集



ジャパンストリートを創っていく中で華僑と関わり

なぜ華僑が海外でのビジネスを成功させられるのか
というポイントを学んできました。


なぜチャイナタウンがあってジャパンタウンが無いのか?
これから日本人はどう海外で展開していくべきなのか?
求められる海外で働く人材とは?


という事に加えて

海外で僕がリアルタイムに受けているビジネスの情報なども
配信していきます。

目的は海外で一緒に仕事をする仲間を集める事の為

合わなければすぐに解除してください。

すべてのメールに解除リンクをつけて
いつでも解除が出来るようにしてあります。

素敵なご縁があることを楽しみにしております。

Ryu Aomine
友人申請もお待ちしております。
(メッセージを添えていただければ承認します。)

コメントを残す