RHBの口座開設

 

RHB Bankの口座が必要になり

口座開設をしてきました。

 

Maybankに比べるとこちらは厳しい感じですね。

 

必要書類は

 

・ビザのあるパスポート

・就労ビザの場合は会社からのレター(もしくはForm49等の会社所属証明)

 

の2つです。

 

自分名義の法人口座がRHBにある場合は

ビザのあるパスポートのみでいいそうです。

 

会社からのレターを持って行っておらず

 

Form49だけ渡すと、

「内容証明するから1週間後に来て」

と言われました。

 

会社からのレターより

明らかにForm49の方が正式な書類なのですが

どうも、レターは必要な様です。

 

この日は必要事項

 

会社名

名前

パスポートNo

住所

電話番号

結婚しているかどうか

 

を紙に書いて帰りました。

 

1週間後、電話が鳴り

「O.K.だから来週銀行に取りに来て」

と言われたのですが、

 

丁度旅行に重なっていたので

2週間後に行くことに。

 

特に問題なく受け取りができました。

 

最低デポジットはRM1000。

これより預金が下回った事が無いので

この数字が無くなると

どうなるかはまだ分かりません。

 

カードを受け取ったら

PINナンバーの変更をしましょう。

 

カードを入れて

言語の選択をして

初期PINナンバー

 

を入力したら

 

「OTHERS」

 

を押していくと

IMG 4426

 

「PIN CHANGE」というのが出てくるので

それをタッチして

PINナンバーを2回入力すればO.K.です。

 

あと、電話番号も登録できるので

電話登録をしておくと良いと思います。

 

マレーシアの銀行は

インターネットバンキングと普通の口座は

リンクしているものの情報共有はあまりされていません。

 

どういうことかと言うと

銀行口座開設時に紙に書いた内容の殆どは

インターネットバンキングに反映されていないのです。

 

例えば、ネットバンクで送金する場合は

携帯電話にワンタイムパスワードが送られて来て

それを入力する必要があるのですが

 

ATMで登録していないと

電話番号が登録されていない状態なので

インターネットバンキングの機能が制限されてしまいます。

 

ただ、僕の場合それを知らずに帰ってしまったので

後で電話でやる事になりました(^^;

 

電話番号の登録もどこかで出来るので

分からない場合は銀行の方に

「Regist Phone Number」

とでも言えば通じます(笑)

 

引き出しは

Quick Cashか

Withdrawです。

 

Quick Cashは6つ程度の候補の中から

金額を選ぶ形。

 

Withdrawは金額を指定して引き出す形です。

RHBはRM2000が限度なので

その範囲で引き出します。

IMG 4427

 

画像は引き出せなかった例です(笑)

 

以上、

開設してからお金を引き出すまででした。

 

色々使ってみたらまた書きたいと思います。

未分類

華僑メールマガジンバナー

※期間限定募集



ジャパンストリートを創っていく中で華僑と関わり

なぜ華僑が海外でのビジネスを成功させられるのか
というポイントを学んできました。


なぜチャイナタウンがあってジャパンタウンが無いのか?
これから日本人はどう海外で展開していくべきなのか?
求められる海外で働く人材とは?


という事に加えて

海外で僕がリアルタイムに受けているビジネスの情報なども
配信していきます。

目的は海外で一緒に仕事をする仲間を集める事の為

合わなければすぐに解除してください。

すべてのメールに解除リンクをつけて
いつでも解除が出来るようにしてあります。

素敵なご縁があることを楽しみにしております。

Ryu Aomine
友人申請もお待ちしております。
(メッセージを添えていただければ承認します。)

コメントを残す