サピ島〜美しきコタキナバルの青い島〜を一周しました

 

青ーーーー!

という事で今日はテンション高めにお伝えいたします。

青好きノマドCTOの青峰隆です。

 

船に乗ってコタキナバルの

トゥンクアブドゥルラーマン海洋公園にある

サピ島へと行きました。

 

綺麗な海と聞いていましたがどんな所かと行ってみると

 

 

 

 

船着場から碧い海!のサピ島

DSC03933

 

船着場に到着してすぐに海が綺麗なのが分かりました。

 

DSC03930

 

着いた所からもう海が碧くて綺麗でした。

写真だとサピ島の透明感を伝えるのが難しいですが

 

DSC03931

 

とにかく透き通っていましたね^^

 

 

船がついた所から

桟橋を歩いて島に向かいます。

 

DSC03932

 

土曜日の朝でしたが結構な人がいました。

 

 

DSC03936

 

 

海が綺麗だと船が空中に浮いている様に見えますね。

 

 

 

サピ島の案内所

 

DSC03942

 

桟橋から一本道で歩いて行くとある

サピ島の案内所みたいな所です。

分からない事があったらここで聞いてみてください。

 

 

サピ島の全体図

 

DSC03944

 

サピ島の全体図があります。

風化していて非常に読みにくいですが

近づけば何とか読めます。

 

船着場は右の方にある黄色いポイント。

ここを中心に泳げる場所があります。

 

 

サピ島の海の青さは晴れ具合で大きく変わる

 

シュノーケリングするならもちろん明るいほうが良いのですが

 

僕はサピ島の青い海を見たくて来ました。

海の綺麗さは変わらないのですが

 

快晴なほど近場の水は透き通って見えて

遠くいくに連れて濃い青色になっていきますので

グラデーションが豊かになります。

 

下の写真は朝と昼に同じ場所から撮影したものです。

朝9:30(上)と14:30(下)です。

 

写真だと分かりにくいですが

朝の写真の方が手前の色が濃いのがわかるかと思います。

明るいほうが色彩が豊かになるイメージですね。

 

DSC03947

朝のサピ島ちょっと手前の色が濃いです

 

DSC04279

昼のサピ島、遠くまで碧色が広がっているのが分かります。

昼はやはり人も多いですね。

 

 

トイレや着替える場所もちゃんとあります

 

サピ島はトゥンクアブドゥルラーマン海洋公園でも

施設の整っている所の様で着替える所が普通にあります。

 

DSC03949

 

マレーシアのリゾート地なので綺麗さは。。。

ですが、着替えたい人にとっては良いですね。

 

全体的には水着の上に羽織モノをして

来ている人の方が多かったです。

 

サピ島で泳ぐだけなら移動範囲はとても少ない

 

サピ島で泳ぎたい。というのであれば

船着場からおりてすぐの所が泳ぐ場所なので、徒歩1分です。

 

そういう意味では泳げる範囲が狭い所ですので

お子様連れとかであれば安心な場所ですね。

 

DSC04217

写真のすぐ左に桟橋があります。

 

 

青い秘境を見つける為にサピ島探索の旅へ

 

船に乗っている時からうすうす分かっていましたが

僕だけ目的が明らかに違います。

 

サピ島に行くのに水着を持って行っていない人が居るとは

誰も思っていないでしょう(笑)

 

水には入れる様に

青い半ズボンとクロックスで行きましたが。

 

桟橋を渡って右側から歩いて行くことに。

入り口は

DSC03957

なんとも心もとない木の板(笑)

ここからスタートします。

 

 

ビーチを横目に見ながらの探索

DSC03959

 

 

 

とにかく山道が続きます

DSC03963

 

 

道の途中にあった小さな砂浜

 

泳ぐなら自己責任でという看板も

DSC03968

 

 

 

透明度がとても高いですね〜^^

DSC03975

 

 

気配がしたので振り向くと。。。

DSC03970

ミズオオトカゲさんがひなたぼっこ中でした。

こっちをずっと見てました

お休みの所ごめんなさい。。。

 

 

ちっちゃいヤドカリも居ました。

DSC03987

 

 

ポイントB

 

ここはまだ徒歩10分ほどの所です。

 

DSC03990

 

 

岩場がありますが、向こう側は何も無く壮観です。

 

DSC03991

 

 

空の青さが綺麗でした^^

 

DSC03996

 

 

ここからが本番

 

なかなか急な坂もありました。

DSC03997

 

 

竹で作られた手すりもあって(だいぶ心許無いですが。。。)

登るだけで汗が出てきます。

 

DSC03998

 

 

DSC04000

 

 

写真では見えませんが

木々の間から青い海が見えていました。

 

DSC04001

 

ただ、一向に海の方へ出れる気配が無く

20分程、森のなかを歩きました。

 

DSC04002

 

二股にわかれた木なんかもあり、中々面白かったのですが

 

誰も来ないのか

倒れた木がそのままになっている所が多々あり

道が塞がった様な場所も(ギリギリ乗り越えたりくぐったり出来るレベルで)

ありました。

 

DSC04125

 

コレって道なの?みたいな所も色々ありました。

(結果的には歩けそうな所を行っていれば問題無いですね。)

 

 

たどり着いたサピ島の絶景ポイント

 

サピ島のポイントEと言われる場所。

 

DSC04008

 

というか、Point C と Dって通った記憶が全くないんですが

BからEに来ているので絶対通っているハズなんですよね。。。

記憶に全くありません(笑)

 

そういえば道の分岐点に出て

 

木が倒れていて通りにくそうだけど

海が呼んでる気がするからという理由で

曲がったポイントがありましたね(看板とか全くありませんでしたが)

 

たぶんそこがポイントCだったのでしょう。

Dはホントに記憶がありません^^;

 

何はともあれ、そんな事はどうでもよくなるくらい

サピ島のポイントEは絶景でしたよ^^

 

DSC04013

 

 

 

DSC04018

 

DSC04020

 

青い服だったので

正に青一色(笑)

 

DSC04073

 

 

とにかく綺麗でしたね〜^^

 

DSC04107

 

 

そしてまた森のなかへ

 

DSC04126

 

森の中を歩いていき

海が見えたら降りていく事をやっていきました。

 

 

ここは誰も居ない

プライベートビーチみたいな場所。

 

DSC04118

 

邪魔されたくない時に良いかもしれませんが

行くのがちょっと大変で

 

軽いアウトドア装備に水着

 

という山海両方対応装備が必要です。

 

 

そして、少し歩いて降りた所に絶景ビーチが。

ここはポイントF近くで

 

船着場からビーチを越えて回ってきた所にありますので

ここくらいまでなら来れると思います。(実際、何人か泳いでいました)

 

DSC04129

 

 

DSC04132

 

 

DSC04168

 

 

ビーチとしてはここが一番綺麗でしたね。

 

DSC04175

 

膝まで水に入ってもこれくらい透き通っています。

 

DSC04182

 

 

DSC04194

 

 

快晴になればなるほど青さが強くなります^^

 

DSC04199

 

とても綺麗でした。

 

ここに行くには岩場があるのですが

物凄く滑ります。(ここでおもいっきり転んでしまいました^^;)

ご注意ください。

 

DSC04202

 

 

サピ島のビーチに到着!

 

DSC04208

 

グルーッと回って

大体2時間くらいで戻ってきました。

 

うち写真撮影が1時間くらいなので(笑)

回るだけならちょうど1時間くらいになると思います。

 

回らないのであれば

ビーチだけになると思いますので

端から端まで10分くらいの範囲で楽しめます。

 

 

サピ島の施設

DSC04214

 

船を降りた目の前に売店があり

 

DSC04278

 

すぐ左隣にはご飯を食べる所も

 

 

DSC03949

 

右手に進んでいけば、トイレと着替える所があります。

 

あと、びっくりしたのが電波。

ビーチ付近であれば島なのにLTEが常に入っています。

 

IMG 5401

 

速度も動画が余裕で見れてしまうレベルなので

これには恐れ入りました。

 

 

サピ島は海も綺麗ですし

親子連れも多くビーチは目の届く範囲なので

安心して遊びに行けるリゾートですね^^

 

DSC04219

 

 

未分類

華僑メールマガジンバナー

※期間限定募集



ジャパンストリートを創っていく中で華僑と関わり

なぜ華僑が海外でのビジネスを成功させられるのか
というポイントを学んできました。


なぜチャイナタウンがあってジャパンタウンが無いのか?
これから日本人はどう海外で展開していくべきなのか?
求められる海外で働く人材とは?


という事に加えて

海外で僕がリアルタイムに受けているビジネスの情報なども
配信していきます。

目的は海外で一緒に仕事をする仲間を集める事の為

合わなければすぐに解除してください。

すべてのメールに解除リンクをつけて
いつでも解除が出来るようにしてあります。

素敵なご縁があることを楽しみにしております。

Ryu Aomine
友人申請もお待ちしております。
(メッセージを添えていただければ承認します。)

コメントを残す